亜鉛が精力アップに良い?

 

精力剤の成分解説と精力剤選びのお役立ち情報HP

 

精力アップには様々な栄養成分が欠かせません。中でも亜鉛は精力アップに欠かせない栄養素として精力減退に悩む多くの人たちから親しまれています。亜鉛はもともとミネラル成分の一つとして、生殖機能の発育や維持に欠かせないものです。生殖機能の発育の他にも免疫力を向上させたりたんぱく質の合成のためには必要な栄養素です。

 

このように人体にとって必須ともいえる亜鉛は精力アップに関しても非常に効果的です。また亜鉛と一言に言っても、主要ミネラルと微量ミネラルというように更に細かく分類することが可能です。この亜鉛は人体になくてはならない存在でありながら体内では全く作られません。ですから、食事やサプリメントから自主的に補う必要が出てきます。亜鉛が精力アップに良いとされる所以は、精子を作る効果があったり生殖機能を改善してくれるからです。

 

精力剤にもほとんどの場合入っている成分なのでいかに効果的なのかが理解できます。EDの原因の一つに亜鉛不足があげられているため、積極的な摂取はEDも改善へと導きます。テストステロンの生成にも関わってくれますのでEDに悩む人こそ摂るべき栄養素です。摂取する上で気をつけるべき点ですが、過剰摂取には十分に気をつけましょう。

 

摂りすぎの状態が続いてしまうと時に下痢や貧血、肝臓障害などを引き起こしてしまいます。許容量ならば何も心配する必要はありませんので量はきちんと守りましょう。亜鉛は牡蠣や豚肉のレバーに多く含まれています。サプリメントや精力剤で補う他にも食事を見直し、積極的な摂取を心がけましょう。牡蠣に関しては6個食べるだけで成人男性の1日に必要とする摂取量を補う事が出来るとされており、含有量の多さが伺えます。

 

疲れを回復してくれたり、骨粗しょう症改善など沢山の健康効果がある栄養素の一つとして存在していますが、EDや精力の衰えを感じる男性にはまた違った意味で非常に心強い味方となってくれます。

「もえ」が精力剤について解説してくれるサイト

トンカットアリについて解説

 

精力剤の成分解説と精力剤選びのお役立ち情報HP

 

トンカットアリは熱帯雨林の地域に自生するニガキ科ユーリコマ属に属する潅木で、主に東南アジア地方となるインドシナ、マレーシア、ボルネオで採取されます。高麗人参やカンカと並び、世界5大精力系人参に数えられ、別名ではマレーシア人参とも呼ばれています。古くから強壮剤として使用されてきたハーブですが、栽培が非常に難しいという一面があり、使用されるトンカットアリの全ては天然のものとなります。

 

10年近い期間をかけてじっくりと成長し、15cmほどの幹になった頃に引き抜いて根っこの部分を煎じて飲むことで効果を発揮します。そのまま使用すると非常に苦味が強いことから、一般で流通するものは苦味を誤魔化すためにカプセルに内包して水で飲むか、サプリメントとして加工して苦味を打ち消して使用されます。

 

現在でも根っこの部分を煎じて飲む民族がおり、彼らはその他にも多くの植物を病気の治療に用いて生活をしています。

 

そのせいか、とても精力的な民族で、10人以上の家族であるところも少なくありません。トンカットアリに含まれる主な成分は、グリコサポニン、ポリサッカライド、ユリペプチド、カシノイド、アルカロイド、ステロール、テルペノイドで、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌を促し、その量を整えて減退する男性機能を呼び起こすようになります。

 

特に男性用の精力剤に使用されていることから男性機能に有効と考えられていますが、女性の性ホルモンの分泌にも効果的に作用し、更年期の症状を和らげる働きもあります。その他にも解熱や産後の回復向上、抗炎症作用、潰瘍や梅毒の治療にも効果を発揮すると言われており、血液の流れを良くすることから冷え性の改善にも良いとされています。

 

植物性の栄養素であることから、サプリメントで摂取しても基本的に副作用は存在せず、体質的な問題を抜きにすればいくらでも補給することのできる成分です。ただし、過度な摂取は腹痛や嘔吐を引き起こす可能性もあるため、適量を心がけて摂取しなければいけません。

バイアグラは「勃起を促す医薬品」です。

 

精力剤の成分解説と精力剤選びのお役立ち情報HP

 

作用機序としてはPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害することで、血管拡張を維持させて勃起を促します。ED(勃起障害)の治療薬といえば、必ず名前が出てくるほど有名な医薬品です。

 

精力剤は「肉体的・精神的な疲れを軽減する医薬品・食品の総称」です。たいていは男性のみに使われますが、女性用の精力剤もあります。
最近では様々な精力剤が販売されていますが、それぞれの成分の勃起や性欲に対する効果は違います。

 

医薬品成分が含まれている精力剤では、「メチルテストステロン」という有効成分が含まれたものがあります。第一類医薬品に分類されており、男性ホルモンのテストステロンが低下した男性更年期の人のEDを改善する効果が期待されています。テストステロンは勃起や性欲に深く関わっているため、更年期に入ってテストステロンの量が不足すると精子形成や性欲に悪影響が出る可能性があります。

 

これに対して精力剤の「メチルテストステロン」を投与すると、テストステロンの低下による影響を改善できるとされています。
ただし、テストステロンは多すぎると動脈硬化や前立腺肥大の原因となるので、自己判断で使うのは危険です。第一類医薬品は薬剤師のいる薬局でしか購入できないので、そこで確認しておくようにしましょう。

 

もっと手軽に取れるサプリメントとして知られている精力剤成分には「マカ」があります。
アミノ酸、ミネラルをはじめとして、リノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸などの脂質が含まれていて、大変栄養価が高い植物です。
疲れを感じた時に栄養源として摂取するのに良いです。科学的な効果は認められていませんが、男性では性欲増加、EDの改善、疲労回復、精子の運動機能改善、などに効果があったという報告があります。

 

ただし、精力剤は時間をかけて身体の調子を整えて勃起しやすい身体にしていくものですから、バイアグラほどの即効性は期待できません。

ED治療薬と精力剤と勃起薬という名称がありますがそれぞれ違いがあるのでしょうか。

 

精力剤の成分解説と精力剤選びのお役立ち情報HP

 

まずED治療薬と勃起薬は全く同じものになります、ただ言い方が違うだけです。ネットではソフトな表現であるED治療薬という表現を使うことが多く実際にクリニックでもこちらが使われています。

 

ED治療薬と精力剤の大きな違いは医薬成分が含まれているかどうかです。ED治療薬のほうは医薬成分が含まれているため薬品という扱いになり医療機関でなければ手に入れることができません。薬局などでは手に入らないのです。

 

ネットでED治療薬を販売しているのを見たことのある方も多いと思いますが、これは大体は海外からの個人輸入の代行であり日本のサイトでは直接販売していませんし、もしもそれをしていれば法律違反になります。

 

ED治療薬は勃起できるように血管の拡張をしてくれる効果がありますので性的な刺激があれば勃起できるようになります。飲んだ時だけ効果がありますので根本的に勃起不全を解消するというものではありません。

 

また副作用もありますし他の薬との飲み合わせの禁忌症もあります。危険な飲み方をすると命に関わる可能性があるのです。
ですので自分で判断して個人輸入をするのは危険であり、少なくとも最初は医師に処方してもらう必要があります。
それに対し精力剤は医薬品ではなくあくまでも食品の一種です。含まれている栄養素も食品から取り出したものですので副作用は特にありません。ただ栄養素も過剰摂取をすると体に問題が出る可能性があるので決められた分量だけ飲まなければいけません。

 

そして効果ですが勃起に直接働きかけるのではなく勃起できるような健康的な肉体を作るというのが目的です。例えば疲労が原因で勃起しにくくなった方のために疲労回復をする効果が期待できます。

 

サプリメントタイプのものは特に飲んですぐに効果が出るものではなく長く続ける必要があるためここぞという時に利用したいならやはりED治療薬を利用するのがいいでしょう。

男性ホルモンは男性にはなくてはならないものです。

 

精力剤の成分解説と精力剤選びのお役立ち情報HP

 

体内で生産されるテストステロンを計測することで自分の男性ホルモンの量を知る事が可能です。テストステロンが多い人は少ない人よりもより男性らしい傾向が見られ、冒険心や縄張り意識が強いです。このテストステロンが最も多い時期は20代でその後は徐々に減少してきます。

 

テストステロンが減少するという事は男性ホルモンの減少に繋がります。男性ホルモンの減少は性欲や精力減退を意味します。その結果EDとなり満足な性生活が実現出来ません。性生活だけではなく自律神経の乱れや精神の不安定な状態も引き起こしてしまいます。男性ホルモンを増やすことは精力アップの他にも自信を取り戻すことに繋がります。

 

その男性ホルモンを増やす方法は様々あり、一つ目が精力剤を使用することです。色々なものが売られていますが安心なのはマカやカツアーバなどの自然食品を使ったものです。気軽に試してみることが可能なので一つの方法として覚えておくと良いでしょう。

 

これらは男性ホルモンを作り出す助けをしてくれるので、長期間飲み続ける必要があります。他にも運動で男性ホルモンを増やす方法があります。運動不足は様々な体の不調を引き起こし、内臓脂肪が蓄積してしまうと精力アップの妨げとなります。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べ運動することで減らしやすい状態になりますので、続けて運動することが大切です。また激しい運動でなくとも、ストレッチだけでも効果があるので軽い運動から始めてみましょう。

 

重要なのは余分な脂肪を減らすことです。通勤の帰りに歩いてみるだけでも良い結果が生まれます。その他に精力アップのために気をつけたいのが食事です。タマネギやニンニクなどのネギ類は即効性があり、すぐに効果が実感できます。また亜鉛も良いので亜鉛を含む牛肉や牡蠣を食べましょう。精力アップには特別なことは必要なく、普段の生活でも改善は可能です。

更新履歴