ED治療薬の解説

 

ED治療薬の効果と副作用を解説

 

年齢や精神的な問題によって、勃起不全や精力の減退などのようなEDになることがあります。

 

現在では海外の医薬品メーカーによってED治療薬が開発されていて、日本でも承認されていることから、クリニックを受診して処方を受けることができます。
日本で処方されるED治療薬としては、バイアグラが代表的なものとなりますが、服用することによって血管を拡張させる作用がありますので、勃起不全を改善する効果があります。

 

陰茎を抑制させる酵素の影響によって勃起不全になっているときには、バイアグラに含まれている成分の効果によって、勃起抑制作用のある酵素の働きを妨げることができます。

 

また、血流を改善できる効果もあることから、勃起不全の改善に役立つ治療薬となります。
バイアグラの他にもED治療薬としては、レビトラというものもあります。
勃起は性的な刺激を受けることで一酸化窒素が放出されることで、局部の細胞にcGMPという血管を拡張させる物質が増えることで引き起こされます。
レビトラには勃起を持続させるときに必要になるcGMPを破壊する原因になる、PDE5の作用を阻害できる効果がありますので、勃起を補助するために有効な医薬品となります。

 

これらのED治療薬を服用することで、一定の割合で副作用が生じることが考えられます。
バイアグラの副作用としては、顔がほてることや目が充血することがあります。
これらの症状はED治療薬を服用した結果として、血管が拡張されることで引き起こされる症状と言えます。
代表的な副作用の他には、頭痛や動悸が起こることも考えられます。

 

レビトラを服用したときに生じる副作用も、バイアグラと似たような症状が起きることがあります。
副作用が起きる確率や症状については個人差がありますので、服用した結果として体調不良になったときには、医者と相談した上で別のED治療薬に変えてみることも良い方法となります。

 

頭痛や胸やけ、背中痛などの症状が現れることもありますが、服用してから4時間から6時間ほどのうちに症状が治まるときには、心配する必要はありません。