加齢にともなって・・・

 

 

EDとはペニスが勃起しなくなったり、射精が困難になったりするなど、勃起機能が低下する症状のことを総称して呼ばれる言葉です。
EDで悩む男性は意外と多いもので、その原因は人それぞれ異なります。多くの男性がEDになる原因として挙げられるのは加齢現象の一巻です。

 

これは年齢を重ねるごとに体内で分泌される男性ホルモンの量が減少することが大きな原因となっています。特に40代以降になると徐々に男性ホルモンの分泌量が減り、ペニスの中折れや勃起不全、性欲減退などが起こりやすくなります。

 

では年齢を重ねることが原因のEDの治療方法としておすすめなのは何かと言うと、それは減少する男性ホルモンの分泌を促してくれる栄養素を摂取することです。
市販されているサプリメントや、医療クリニックで処方される治療薬の多くは男性ホルモンの分泌を促すような成分であったり、身体の血行を促進してくれる成分が配合されています。その結果、海綿体に流れ込む血液量を増やして精子の量を増やし、ペニスが勃起しやすい状況を作り出すことが出来るのです。

 

また、年齢を重ねていけば長年の生活習慣がEDの原因になっていることも考えられます。運動不足や喫煙、寝不足など、日常の些細なことでも長年の悪習慣として続けていればEDの原因になることもあるため、健康的で規則的な生活習慣を身につけることも大切です。

 

年輩になればなるほど勃起の問題を第三者に相談することに抵抗感を感じてしまいがちですが、適切な治療を受けることによって症状が改善していくのはもちろん、精神的な負担を軽減する事にも繋がるため、市販のサプリメントを試してみたり、泌尿器科やED専門クリニックに足を運んでみると良いでしょう。

 

そうすれば年齢を重ねても勃起機能の改善を図り、男性としての自信を取り戻してパートナーとのコミュニケーションに積極的になることが可能でしょう。
EDは治療可能な病気であることを理解して、早めの対策をとるのがおすすめです。

生活習慣によって・・・

 

 

女性に限らず男性でも年齢を重ねることから体の機能が徐々に低下することがあります。普段の食生活や運動不足から来る生活習慣に起因する場合もあります。男性機能の深刻な衰えにEDがあります。この機能不全は年齢を重ねることによって自然に減退していく場合もありますが若くして機能不全に陥る場合もあります。年齢を重ねることでEDに陥る原因の一つが糖尿病や高血圧症が原因である場合もあります。

 

これは普段の食生活の栄養バランスが偏ったり不規則な食事の摂取時間によることが大きな原因の一つです。もちろん、EDの原因は様々あります。心因性のストレスが原因となることも知られています。仕事の疲れや困難な仕事をかかえ睡眠不足になることは若い世代にもあります。このような状態が長く継続することによってうつになったりしEDの進行が加速されることもあります。

 

また、女性経験の少ない若年層の男性が女性から心的なことを言われ機能不全の原因となることもあります。このような心的なものは環境を変えたり気分をリフレッシュすることで目に見える効果を感じることも出来ます。糖尿病や生活習慣から来るEDはなかなか個人の努力で改善させることは難しいものがあります。もちろん、日々の生活を改めて健康的な食生活と適度な運動を取り入れて行けば改善は期待できます。

 

但し、短期間に劇的な変化を望むことは極めて難しいものがあります。そのため、効果的な薬を服用する方法があります。もちろん薬局やドラッグストアーに出向き症状を伝えれば相談に乗ってくれる薬剤師もいますので活用することはとても有効です。

 

また、長年にわたってEDの症状を自覚しているような場合であれば医師の診察を受けることが望ましいと考えられます。

 

病院でもEDの診察及び治療は受けることは可能ですし、ましてや糖尿病の可能性が疑われる場合にはなおさら医師の診察を早めに受けることがとても重要です。1人で悩んでいてもなかなか改善しないことがEDには良くありますので、早期に効果的な治療が望まれます。