精力を弱めてしまうものについて

 

 

精力を強くする食べ物はたくさんあります。代表的なものとしてはニンニクや生姜、近年人気となっているマカ、粘りのある食べ物のヤマイモやオクラ、納豆などが上げられます。

 

しかし、このような食べ物や精力を高める効果のあるサプリメントを摂取しているときに気をつけたいのが精力を弱めてしまう食べ物や飲み物です。
弱めてしまう飲み物としてあげられるのが、アルコールです。アルコールは適度に摂取すればリラックスするのに効果的な飲み物です。過剰摂取してしまうと意識して自分をコントロールできない状態になり、体内のアルコールを分解しようと体は働きますので、その分肝臓を始めとした臓器が弱まってしまい精力を弱めてしまうどころか、病気を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

 

飲み物はほかにもあり、豆乳は男性がとり過ぎると弱めてしまうとされています。これは女性ホルモンに似た働きのする大豆イソフラボンが多いためだとされています。
食べ物としては、コンビニ弁当やスイーツ、ハムやハンバーグなどが弱めてしまいます。コンビニ弁当には大量の保存量や添加物が混ざっており、毎日のように摂取してしまえば体の正常な働きができなくなるといわれています。スイーツなどの甘いものには糖分が多く含まれているため、その分糖尿病や高血圧などの病気のリスクを高めてしまい、疲れやすくなるなどの害も出てきてしまうため控えることをおすすめします。

 

市販のハムやハンバーグには、味を出すために添加物を沢山いれていることが多いとされています。添加物が多いということはコンビニ弁当と同じように、体には良くないということでもあります。

 

このように、日頃から何気なく食べているものが精力を弱めてしまっている可能性があるため、食生活を見直してみることをおすすめします。
食べ物を摂取するということは毎日行うことです。体に良いものを意識して食べることで、精力を含めて体調を整えることができるようになります。

昔から精力増強と言えばすっぽんと言われてきました。

 

 

すっぽんが精力増強に効果があると言われていることには含まれている成分によります。男性が勃起するにはその陰部の血管内に一酸化炭素が発生して血管が膨張するのですが、その時に一酸化炭素が不足すると膨張しなくなります。すっぽんにはその一酸化炭素を作るアルギニンというアミノ酸の一種が豊富にあるのです。それなのでそのすっぽんを食べることは精力増強につながっていくのです。

 

また、含まれているビタミンA、ビタミンBは体内で血液を増加させます。造血作用は興奮作用を高めて疲れを感じさせなくし、血液循環を良くして細胞の活性化をはかります。すっぽんを食べると体が熱くなるのは造血作用があるからです。そのことも精力増強が期待されるのです。すっぽんは精力増強だけでなく、滋養強壮、不眠症の解消、ストレスの軽減、産後の体調不良、悪玉コレステロールの減少、生活習慣病の症状の緩和、美肌などに効果的です。

 

栄養がたっぷりとありながら、低カロリーの食材となるのでダイエット中であっても食べられるものです。そのすっぽんは甲羅や爪など少しを除けばほとんど全てを食べることができる美味しい食材です。いろいろな食べ方はありますが何といっても鍋料理です。すっぽんを丸ごと食べることができるとても簡単な調理法となります。その出汁の美味しさは誰もが認めるもので、鍋の最後には雑炊などをして全部を楽しむことができます。

 

また、すっぽんの血をお酒やワインなどで割って飲むこともよくあります。料理の一つとしてメニューにもあるほどです。高級食材として知られているのですが、近年は家庭でも気軽に料理ができるように下ごしらえがされたものが販売されています。食感のコリコリした感じや、その美味しさは1度食べると忘れられないくらいのものとなるようです。

 

味は天下一品です、そして、最大の魅力となっているのには甲羅に含まれるコラーゲンによる美容効果があります。

玉ねぎも精力アップに良い?

 

精力を弱める食べ物・強めてくれる食べ物

 

毎日食べることが誰にでもできるタマネギにはいろいろな効用があると言われています。多くに知られているのには血流が良くなることで動脈硬化がすすむのを抑えてくれるということです。高齢になるにつれ生活習慣病も多くなり、中でも命に関わってくる病気にもつながるようになる動脈硬化に効果があるということで中高年の人にとって嬉しい食材となっています。コレステロールを下げて動脈硬化を予防するだけでなく、疲労回復や不眠の改善などにも効果的だと言われています。

 

そのタマネギには精力増強にも効果的な成分が含まれています。精力増強を望んでいる人は多くいますが、それに対して薬などを使用することを副作用のことなどを考えて二の足を踏んでいる人などにとっては積極的に摂っていきたいものとなります。タマネギは滋養強壮、スタミナ増強のものとしてエジプトのピラミッドを作っていた人たちに配られていたと考えられています。

 

そして、その効果がインドの僧侶などには精力増強をさせてしまって冷静にお勤めができなくなると言われていて避けられていたとも言います。そのタマネギには含まれている成分は辛み成分でもある硫化アリルになります。硫化アリルは精力増強に役立つと言われているビタミンB1の吸収を向上させる働きがあります。これは疲労回復効果があり、精力の回復にも効果が期待できるのです。

 

また、タマネギの苦味成分にはポリフェノールの一種があり、若返りなどのアンチエイジングには欠かせないポリフェノールは、筋肉や臓器、血管などの老化を遅らせる働きがあります。加齢によって勃起能力に衰えが感じられる時には血管が弱くなってきて強い血流にならないことがあります。タマネギの血管の若返りを助けることで精力増強に期待ができます。

 

タマネギは調理方法はどのようにしてもその効果は変わることはありません。そしてどれだけ多く食べても副作用がないこともあり、その有効成分は長期間保存をしていても変化がないことも嬉しいことです。