女性用の精力剤??

 

男性用ではなく女性用の精力剤も人気?

 

精力剤は「肉体的・精神的な疲れを軽減する医薬品や食品の総称」なので、男性だけのものというわけではありません。一般的な認識ではサプリメントなどの食品に分類されるものが精力剤と捉えられていますが、医薬品に分類されているものもあります。

 

医学的には、性欲の減退が目立ってくるのは40歳を超えたあたりの更年期と言われています。特に女性は男性よりも女性ホルモンの低下が著しく、更年期障害の症状が重く出てしまうケースが多いです。

 

更年期になると、やる気がなくなる、慢性的にだるい、などの症状があらわれて、精力減退の原因になります。
日本で女性向けの精力剤として扱われているのは、ドラッグストアなどで販売されている、女性向け栄養ドリンク・サプリメント・ビタミン剤などです。
医薬品と食品のどちらの種類もあります。

 

女性のやる気減退で多いのは、鉄の欠乏が原因です。月経がある人のほとんどは鉄不足の状態に陥っていて、これが慢性的なだるさを引き起こすことがあります。
鉄剤などを使わない限り、月経のある女性は鉄不足になります。

 

それを補って精力をアップさせるのが鉄が配合されたサプリメントです。鉄は体内で吸収されにくい物質ですが、サプリメントの鉄はたんぱく質に包まれた形の「ヘム鉄」が含まれており、これならば吸収効率が良くなります。

 

食品からだけでは不足しがちな鉄を補給するという意味でも、ヘム鉄が含まれたサプリメントの利用は精力アップに役立つと考えられます。
月経がなくなると今度は更年期障害によって、慢性疲労ややる気の低下が起こります。女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に低下してホルモン状態のバランスが崩れるからです。やる気減退のほかに、性行為に対する嫌気など女性の精力をダウンさせる原因になります。これに対しての治療は、女性ホルモン補充療法(HRT)や漢方を使った療法があります。

 

ネットでは、ざくろやオシャクジダケなどが配合された精力アップを促すサプリメントも人気です。