ハゲと男性ホルモンの関係

 

精力剤を飲むとハゲちゃう?

 

精力増強はもちろん日常の疲労回復にも効果的で、ED治療薬よりも気軽に服用できることから、精力剤は幅広い世代に愛用されています。

 

男性機能や自信を取り戻す大きな力となってくれる精力剤ですが、古くから飲むとハゲやすくなるという噂があり、安心して使用できないという人も少なくありません。
精力剤を飲むとハゲやすくなるという噂が根強い理由は、男性ホルモンの分泌を促す効果が期待できるという点にあります。

 

精力増強、滋養強壮の為には、加齢と共に減少してしまう男性ホルモンであるテストステロンを補うことが欠かせません。
この為、精力剤にはテストステロンの分泌を促してくれる成分が豊富に配合されており、これによって若々しく体質を改善することが期待可能となっています。
しかし、一般的に男性ホルモンは薄毛の大きな原因のひとつであることで知られています。

 

男性ホルモンが多いとハゲやすいと考えている人が多い為、テストステロンを増やす働きがある精力剤の使用を躊躇う人もいますが、実際にはテストステロンの分泌が促されたからといって、ハゲやすくなるということはありません。

 

確かに、男性ホルモンは進行性の脱毛症であるAGAの主な原因のひとつですが、厳密にはこの男性ホルモンとはテストステロンではなく、ジヒドロテストステロンのことを指しています。

 

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが酵素によって変化してできる物質ですが、テストステロンそのものが薄毛の原因となる訳では無いので、薄毛を恐れて精力剤の使用を控える必要はありません。

 

逆に、精力剤には血流を良くする働きがあるので、血流の滞りによる頭皮環境の悪化が原因で薄毛になっている場合は、改善を期待することができます。
また、ストレスも薄毛の大きな原因ですが、精力アップや疲労回復によって活力のある毎日を送ることで、ストレスを解消することも可能です。
飲むとハゲやすくなるという噂に惑わされることなく、必要に応じて使用しましょう。