勃起障害に20代という若さで見舞われてしまうケースが増えています。

 

20代の若者が勃起障害になるケースもあるの?

 

実際病院に相談へ行く若者は昨今増加傾向にあると言われているのです。主に中高年以降になると発症することが多いと言われていた勃起障害がなぜ20代という若者にも増えているのかと言えば、原因のひとつとしてストレスが挙げられます。

 

ストレスが原因の勃起障害は心因性EDと言われているのですが、若者の場合でも何らかのストレスを感じていますので、それが引き金になって男性機能が不調になるといった症状が発生することがあるのです。

 

ストレスの内容は様々であり、例えば夫婦の不仲や恋人との失恋、男性器へのコンプレックスなどをはじめ、仕事やお金、人間関係などの性行為とは直接的な関係がないストレスまで原因になることがあります。日常の中の様々なストレスは男性機能に影響する可能性がありますし、こういったストレスを感じることで若者にも勃起障害に苦しんでいる人が増えています。

 

なおストレスというのは日常生活の中だけで感じるものが全てではありません。時には深層部分にも何らかのストレスを感じており、それが原因になっていることもあります。そして深層部分の問題ですと自分自身でもストレスに気付いていない可能性があるのです。例えば幼少期のトラウマだったり心の奥底に眠らせている深い憎しみなどが原因になっていることもありますし、自分でも認識できていない為に原因がよく分からないこともあります。その為、深層心理が原因になっている場合は解決が難しくなることもあるようです。

 

若者の勃起障害の原因としてはその他にも生活の乱れも挙げられます。例えば昨今は食生活が乱れ気味の世代が多くなっていると言われており、特に若者は乱れが目立ちます。そして食生活が乱れてしまうと内臓器官の働きにも影響しますし、男性機能にも必然的に影響を与えます。バランスの良い食事を摂取してこその健全な肉体でもありますので、男性機能が心配な場合は食生活を見直してみるといった心掛けが大切と言えるでしょう。